【硬くなると怖い】さとう式リンパケアで大腰筋をゆるめるセルフケア

こんにちは。2018年からさとう式リンパケアインストラクターをしている村上真由美です。

今回は、さとう式リンパケアの大腰筋をゆるめるセルフケアとはどんなものか、やり方を知りたい人に向けた記事です。

この記事を読むことによって、以下のことが分かるようになります。

さとう式リンパケアで大腰筋をゆるめる効果は?何が改善する?

大腰筋という筋肉、聞かれたことありますか?身体に詳しい方は聞かれたことがあるかと思いますが、大腰筋とは簡単に言うと上半身と下半身を繋ぐ大きな筋肉になります。

普段から膝を曲げて歩いていたり猫背だったりすると、大腰筋はほとんど使われません。使われなくなると大腰筋は硬くなります。硬く縮んで骨盤が前に引っ張られ(骨盤の前傾)腰痛をはじめ、肩こり、冷え、むくみ、便秘、代謝が落ちて太りやすくなる…etc。全身に波及するのです。ぎっくり腰や腰痛も考えられる要因は様々ですが、硬くなってしまった大腰筋を事前にゆるめておく事も大切な事となります。

f:id:silkm:20210611164452j:image

 

さとう式リンパケアで大腰筋をゆるめるセルフケアの動画

youtu.be

さとう式リンパケアの大腰筋をゆるめるセルフケアはいくつかありますが、今回は寝たままで足を押し出すだけで大腰筋がゆるむ方法を紹介しました。

さとう式リンパケアで大腰筋をゆるめるセルフケアをするときのコツは?

さとう式リンパケアの大腰筋をゆるめるセルフケアをするときのコツは、before&afterで現在の状態を把握し、ケアしたら変化を感じてみること、小さな変化に気付くことが大切ですね。小さな変化でも気付くことで嬉しくなります。嬉しくなるとセルフケアをすることが楽しくなります。楽しんでしていたらいつの間にか大きな変化に繋がっていた、ということも少なくありません。あとは出来たらゆるめる筋肉をイメージしてさとう式リンパケアのセルフケアをするとより良い変化に繋がると思います♪

f:id:silkm:20210611212727j:image

さとう式リンパケアで大腰筋をゆるめることができたか確認する方法。

さとう式リンパケアの『大腰筋をゆるめるセルフケア』で大腰筋がゆるんでいるかの確認方法です。

  • 骨盤の内側がやわらかくなったか(ゆるむと指が入りやすくなります。)
  • 足を上げてみるとセルフケアする前よりも軽くなっています。
  • 反り腰具合が変わっています。ベッドにベタっとつくようになります。(腰とベットのすき間がなくなります)

before、afterを確認すると変化に気付きますので是非確認してみてくださいね。

f:id:silkm:20210611180245j:image

大腰筋が硬いのが原因?ぎっくり腰になった体験談

私自身もぎっくり腰になった経験が2、3回あります。何気ない動作をした時、赤ちゃんを抱っこした時、やばいかな?!と思ったらやっぱりでした。みるみる腰を伸ばせなくなり2、3歩歩くだけでも激痛、何をするにも不便で本当に辛かったです。さとう式リンパケアのセルフケアは時々していましたが、普段あまり動かしていなかった筋肉で硬くなるのでそれも原因の一つだったんだと思います。もう少し自分の身体を意識してチェックしていたら良かったかなぁと思いました。それからは硬くなってるなと思ったら、さとう式リンパケアの大腰筋をゆるめるセルフケアをちょこちょこしています。

f:id:silkm:20210611174911j:image

さとう式リンパケアで大腰筋をゆるめる,ぎっくり腰への効果は?

私自身もぎっくり腰になった経験があり、藁をも掴む思いでセルフケアをしてみました。そうするとだいぶ痛みが軽くなりました。(あまりにも痛くてセルフケアも出来ない状態の時は無理にセルフケアを行わないようにしてくださいね。逆効果になってしまうおそれがあります。)

スタイルアップのためにも大腰筋が硬くならないようにしておくことも大事ですね!

f:id:silkm:20210611175816j:image

まとめ

  • 普段の姿勢、間違った身体の使い方をしていると大腰筋が硬く縮んで腰痛の原因になる。
  • 大腰筋が硬くなることで、肩こり・冷え・むくみ・便秘・太りやすくなる…など様々な不調になる。
  • さとう式リンパケアの大腰筋をゆるめるセルフケアで腰痛の予防につながる。

 

silkmayu.com